真言宗御室派 医王山福楽寺の公式ホームページです。

福楽寺沿革

福楽寺沿革



gm1.png

医王山福楽寺は真言宗御室派(総本山仁和寺)末の寺院で、創建は今から約1300年近くも昔、
奈良時代の全盛期だった天平18年(746年)、聖武天皇の御世に遡ります。



福楽寺は開基・行基菩薩と伝えられる古刹ですが、長らく荒廃していたのを文明18年(1486年)になって行順和尚が復興、6年後の明応元年(1492年)に堂宇を再建したと記録されています。

しかし江戸時代中期頃の火災により御本尊以外がすべて焼失したため、当山中興六世の真龍法印が現在地に寺を移転・再復興しました。

大正時代の本堂

gm2.png


福楽寺の御本尊は薬師瑠璃光如来で、古来より「厄除け薬師」として信仰を集めてきました。
このお薬師様は当山開基・行基菩薩一刀三礼の御作と伝承されていますが、実際は平安時代の造立のようです。

本尊・薬師如来

お寺が荒廃していた時代に造られた仏像のようですが、
そのあたりの由来はよくわかっていません。

現在は毎月8日の御開帳日以外の日は秘仏となっています。
8日は、8時~17時まで、自由に参詣していただけます。
ただし、事情により本堂施錠の場合もございますので、
参詣の際はあらかじめご了承ください。

境内には本堂のほかに地蔵堂や壇信徒の位牌堂、子安大師、
宝篋印塔などがあります。
境内は常時開放していますので、自由に御参詣ください。



宝篋印塔
三宝荒神社

また、庫裏の裏手には地域の鎮守である荒神社があり、当山鎮守の貴船社、また馬頭観音石塔と併せてお祀りしています。
毎年9月下旬には地域の講による「荒神祭」が厳修され、当山住職出仕の下、御法楽が捧げられます。



なお、参道脇・宝篋印塔裏手の建物は、お寺の庫裏ではありません。
お寺の庫裏は、本堂と棟続きの右側(東側)部分です。

また、駐車場は参道起点の脇、公民館の向かいにございます。


gm3.png

福楽寺の蘇鉄は、山口市によって天然記念物に指定されています(旧秋穂町からは昭和51年指定)。
大きさは日本屈指、シルエットの美しさも素晴らしいと評価されています。

福楽寺の大ソテツ

本堂前庭に雌雄2株あり、本堂に近い方が雌株で大きく、
幹は根元の周囲が約6m、主幹の樹高は約7m、
東西に水平に出ている支幹の太さは各々1.5mと1.2m、
それが東に伸びた雌株の間を通り抜けています。

一方の雄株は根元付近の周囲が約4.5m。
多数の支幹がこみあっていて、主幹の測定は困難です。
樹高は約3m。

蘇鉄は3科11属300種という多くの種類がある常緑低木で、
杉や松と同じ裸子植物樹木です。
また、裸子植物樹木の中で最も原始的な存在で、
生きた化石ともいわれています。
アジア、アフリカ、合衆国南部から中南米などに自生し、
日本では九州南部から沖縄に自生しています。

福楽寺の蘇鉄は、春には雌株に赤い実がなります。
実は差し上げますので、お気軽に声をお掛けください。
蘇鉄保護のため、無断で枝から採らないでくださいね。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional