真言宗御室派 医王山福楽寺の公式ホームページです。

戒名

戒名

戒名は自分で付けていいのかどうか。

結論から言うと、「別にいいですが、仏教的には無意味」ということです。

戒名とはその名の通り、「戒の名」つまり「受戒をした証として師より授けられる名前」です。
私は智史(さとし)という名前ですが、
僧侶になった時に師僧から「智秀(ちしゅう)」という僧名=戒名を拝受しました。
戒名は受戒とセットで授けられるべきものです。
仏教において、戒は必ず師より授かるものですから
(自誓受戒というものもありますが、あれは直接に仏菩薩から授かることを目指すもので、
いずれにしても授かることが前提です)、
その証としての戒名も無論のこと、釈尊の代理人としての戒師より授かるべきものです。
そしてその名前に関しては、注文をつける筋合いのものではないことは当然です。

とはいうものの、釈尊の時代には別に戒名というものはありませんでした。
この習慣自体は中国で始まったものです。
ですから仏教的には、戒名は無くても構わないと言えるでしょう。
ただ、受戒の証(仏教徒の証、仏弟子となった証、法脈に入った証)としての意義はあると思います。
仮にそういう意味合いとして考えるのなら、戒名は必ず「師より授かる」ものです
(そして出来れば、仏教徒としては生前に受戒して戒名を授かるべきです)。

つまり戒名は、自分でつけてもまったく意味がありません。
俗名のままでやるか、戒名を授かるのか、ふたつにひとつだと思います。

「高額な戒名料」などという問題が「自分でつける戒名」を主張する根底にあるのかも知れません。
「戒名料」の問題は(仏教に対する不信感を助長しているという点で)私も心を痛めるところですが、
この問題はまた別の機会に検討したいと思います。

ただ、「布施」というものは「料金」とはまったく概念が違うものであり、
「料」という単語自体が布施には馴染まないし、
「定価」の如き相場を掲げて「徴収」すべきものでもないことは、声を大にして言っておきたいと思います。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional